〒425-0036 焼津市西小川2丁目1番13号
谷島屋書店登呂田店2階
電話(054)626-5500

ほりお小児科WEB受付システム


院長のコメント欄(院長が書き込んでいます)

「医療と経済」というと大げさだが 151

   たしか去年の5月か6月ごろ、ウオーキングで田んぼの脇を歩いて
  いたら、なにか匂いがするのに気が付いた。翌日もおなじ匂いがする。
  2、3日して、わかった!これは稲の匂いじゃないか。どんなのかと
  いうと、新米の炊きたてのごはんの匂いと言えばいいか。
      この日まで稲の薫るを知らざりし  棕櫚竹
  小学校3年の夏休みまで田んぼの中で育ったのに、半世紀以上も
  たってから、はじめて気が付くとはどういうことだろう。
   ところで、最近の朝日俳壇に次の俳句が出ていた。上の句を作った
  ばかりだったので、「知らざりき」が目に留まったわけだ。
      満月を愛でぬ人とは知らざりき
  女性の句である。満月に感動して「きれいね」といったのに亭主は
  「それがどうした」と反応がない。こんなやつとは知らざりき。一瞬
  事務長が投稿したかとドッキリしたが、別人であった。やれやれ。
   以前、朝日歌壇・朝日俳壇は月曜日の朝刊に掲載されていたが、
  最近、日曜日の朝刊に変更された。それで、割合ゆっくりと目を通す
  ことができるようになった。みんなうまいなあ。とくに、こどもの
  作品は素直で衒うところなど微塵もなくて最高だ。事務長と「アメリカ
  の監獄に入ってる人、また出てるね」、「一時期、全然出てなかった
  から脱獄じゃなくて出獄したのかと思ったよ」、「しかし、この人、
  長いわね。なにしたのかしらね」などとたわいのないことをしゃべり
  あうのも、いとおかし。               (つづく)
                    (平成30年10月3日)