〒425-0036 焼津市西小川2丁目1番13号
谷島屋書店登呂田店2階
電話(054)626-5500

ほりお小児科WEB受付システム


院長のコメント欄(院長が書き込んでいます)

「医療と経済」というと大げさだが 139

   2,3日まえから蝉が鳴き始めた。ウオーキングで立ち寄る公園の植え込み
  のクチナシの花も茶色になって散ってしまった。毎朝匂いを嗅いでは「甘った
  るい匂いだなあ」、翌日も「甘ったるいなあ」。いやあ、ほんとに変人だなあ。
   そうそう、アーティチョークはどうなったか。
   6月のある日、前触れもなく突然クリニックに来客あり。「先生、どなたか
  みえてます。」「誰?」「年配の方です。」で、診察室から待合室にでてみる
  と、なんとさるお屋敷のご主人がアーティチョークを持って来訪されたのだ。
  でっかいつぼみが5,6個もある。「ありがとうございます。」さて、どうした
  ものか。こぶしほどもあるつぼみだが、食用になるはずの鱗片は意外と薄くて
  あまり食えそうにない。持って帰って事務長と相談し、結局、花瓶にいけて
  花が咲くのを鑑賞することにした。







(かきかけ)
   さてさてアーティチョークにもどるが、今朝ウオーキングの途中でかの
  お屋敷に通りかかったらうまい具合にご主人がいたので、ツボミが食べ
  ごろになったら一個くれませんかと頼んでみた。まだ時期が早いがもう少し
  で食べられけど「おいしくないよ」ということだった。ゆでるとソラマメみたい
  な味がするらしい。
   5月といえば健診の時期だ。小学校やら幼稚園やら。面白いのは幼稚園
  かな。小学校にも顔見知りの子どもはいるが高学年になるほどお互いに
  知らんぷり。何のかかわりもござんせん。友達と一緒の帰り道でオヤジに
  出くわしても、「あんなおっさん知らん。」てなもんや。
   幼稚園は違う。なんか子どものコアの部分がすぐそこにあるような気が
  する。こないだも並んでいる子どもらを順番に聴診していたら女の子が
  何やら話しかけてくる。聴診器をはずして「なんですか」ときくと耳に口を
  よせてささやくのだ。
    「まえに会ったね」
  この子とどんな秘密の時間をもったのか、ドギマギするじゃないか。
                                      (つづく)
                                  (平成29年5月29日)